私はこの子たちの母親を

”させてもらっている”。

 

そのことに、

改めて気づかされることがある。

 

例えば、

私が怒ると、

娘は反発しながらも、

”怒られて”くれる。

 

娘:「ママが怒ったから、悲しかった~」

私:「ママだって怒るよ!」

 

そう言いながら、自問自答。

”本当にそんなに悪いことしたの?”

 

冷静になると、ふと、

怒りで娘を押さえつけたことに気づく。

 

私「怒ってごめんね」

娘:「いいよ」

娘は必ずそう言ってくれる。

 

そして、気づく。

私は「娘の母親」として接しているけど、

娘は私を「一人の人」としてみている。

 

娘はただただ、

私と一緒にいたい、

おしゃべりしたい、

楽しみたい、

それだけ。

 

私に、

その時間も、

体力も、

心の余裕も

「ない」時に、

 

いつもドラマが繰り広げられるのだな。。。

 

こうして日々反省している

”おっかあのつぶやき”を、

いつか娘が目にする時が来る。

 

その時、おっかあの

ちっちゃな存在に気づいてください。

って思いながら、筆で書いてみました。

IMG_7218