いよいよ、5/7(土曜日)に、
書道家、龍希( Kuwana Ryuuki)ちゃんが、13123083_10208995570582690_5459262546617616473_o
Santa Ana Art Walkにて、
大書き下ろしパフォーマンスをします!!

りゅうきちゃんを知ったのは、1年前。

オンラインで学ぶ、人生を豊かにする学校、
”K2アカデミー”の、
『KIZUNA』スカイプミーティングでのことです。

本格的な書道家としてすでに活動をしていながら、
心書のクラスに所属する彼女は、
すでに異色の存在。

池袋のロフトで書き下ろしをしたとか、
インスタグラムに作品を掲示していたら、
海外から依頼が来たとか、
とにかくその行動力と発想がハンパない。

りゅうきちゃんの作品の完成度もすごいけど、
それ以上に、フットワークの軽さに、
まず驚きました。

『すごいですね!』
『超越した作品ですね』

他のメンバーからも、
感嘆の声しか聞こえてこない中、
りゅうきちゃんが返す言葉は、
たった一言、
爽やかに、
『ありがとうございます!』。

『まだまだ私なんて〜』
とか、
『いえ〜、それほどでも〜』
とか、見え透いた謙遜は、
一切なし。

りゅうきちゃんの、
自分に対する自信の強さに、
私は正直、嫉妬し、
でも、深く感動したのが、
りゅうきちゃんに対する、
第一印象でした。

それから約1年後。

全く音沙汰がない中、
今回の渡米の話で、
突然メッセージをいただきました。

お金がない。
人脈ない。
英語もまったく分からない。

初めてスカイプで話した時は、
正直、ぶったまげました。

『とりあえず、
ニューヨークとサンフランシスコと、
ロサンゼルスには行ってみようと思っていて〜』
『でも、調べてみたら、全然違う方向なんですね〜』
『◯✖️△@&*%???』

でも、りゅうきちゃんのすごいところは、
ここから。

『自分の書が、どこまでアメリカで通用するか、試したい』
『どれだけ多くの人を喜ばせることができるか、やってみたい』
その熱意だけで、
クラウドファンディングで資金を募り、
目標額を軽く超え、
見事、アメリカの大地を踏みました!

英語が全く分からないと言いながら、
真夜中に到着したにもかかわらず、
その翌日の朝から、
早速、行動開始。

Torranceから、
まったく一人でuberを捕まえ、

Santa Anaの私の自宅まで、
堂々、乗りつけたのです!!

パフォーマンスの打ち合わせをするために、
サンタアナのギャラリーを下見し、
ディレクターに紹介。

作品の展示をする場所を決め、13131255_10208995570902698_2614398465256660497_o
値付け、展示の仕方など、
細かな打ち合わせをした後、
次の場所に移動。

移動中の車の中でも、全く休むことなく、
持ってきたパンフレットを
三つ折りにする時間を惜しまない。

りゅうきちゃんの、
今回の渡米に向けての心意気と、
自分自身に誓ったことに対する粘り強い挑戦が
眩し過ぎて。。。

りゅうきちゃんの、
自分自身に対する絶対的な自信は、
この絶え間ない努力と、
ひた向きな想いに尽きる。

そう思い知らされました。

この年齢の女子なら普通、
観光とか、
ショッピングとか、
グルメとか、
スイーツとか、
言いそうなところなのに、
どれにも
全く見向きもしない。

次の日の予定がキャンセルになった、
と言うので、
『じゃあ、何したい?
どこか行きたいところは?』
と聞くと、
『路上で書き下ろしをしたい!』との事。

ラグナのビーチなら私も経験があるので、
連れて行ってあげられる。
それならトーランスまで戻るより、
うちに泊まった方がいいのでは、
となり、その晩は急遽、お泊まり。

簡易なお泊まりグッズや、13131035_10208995572582740_204601407341670654_o
筆のセットは常に携帯しているらしく、
突然のことなのに、
私の私物をお貸しすることもほとんどなく、
路上に出ても、
本当に用意周到。
準備万端。
完璧!!なのです。

当日は残念ながら、
一人も立ち止まらなかったけど、
まるでそれにリベンジするかのごとく、
その後一週間の間、
ベニスビーチ、
サンタモニカ、
ハリウッドで、
立て続けに路上をするという
徹底ぶり!!

しかも、
行き当たりばったり、
ゲリラ的に行うのではなく、
きちんと警察で許可を取る。

律儀!
素晴らしすぎる!!
さすが、日本人!
あっぱれダス!

りゅうきちゃんのプロ意識に、
とことん、
頭が下がりっぱなし。

こんな、
THE 職人、
demo…
めちゃ天然。。。
の、りゅうきちゃん。
が、いよいよ!!!
5/7土曜日に、
大書き下ろしパフォーマンスをします。

去年から始まった地域開発に乗り、
おしゃれにUp Gradeした
『Down Town Santa Ana』.

とはいえ、
まだまだ、
カウボーイハットと、
重たそうなベルトをし、
ヒールの高い、
先の尖ったブーツを履いた、
こってこて、メキシカンが練り歩く、
このサンタアナという町で、

THE Asianの書が、
Artとしてどこまで受け入れられるか。

実に興味深いところです。

ヒップホップと、
マリアッチが入り混じる、
サンタアナの夜の街に遊びに来るついでに、
ぜひ、Art Galleryに覗きに来てください。

パフォーマンスは、
19:00~と21:00〜の2回を予定しています。

当日は駐車場が大変混雑しますので、
早めの到着をお勧めします。

一人でも多くの皆様に、
このかわゆいりゅうきちゃんを紹介し、
魂のこもった、
パフォーマンスを見ていただきたいと思います。