正直、
ずっと震えが止まりません。IMG_5919

この震えが、
武者震いなのか、
恐れなのか。

おそらく、
その両方なのだと思います。

7月6日の心書講座。

実に、
1年半ぶりです。

この春、
日本で心書協会が発足し、
3ヶ月間、トレーナー生として、
みっちり修行を受けました。

心書を一から学び直すのは、
改めて、とてもいい勉強になりました。

日本には行けないけれど、dream
どうしても受けさせて欲しいと、
師匠に直談判し、
海外からの受講は、
なんと、私一人。

やっぱり、
正真正銘の、
『変態』です。

今回の講座は、
”入門、体験編”という、
ちょっと遠回りな言い方になっていますが、

心書協会が認定する心書講座を、
9月に受けていただくための、
プロローグ的な内容になっています。

なので、とにかく心書とは何?
から始まり、

心書を知ったあなたにとって、
人生に於いて、
なくてはならないツールになってほしい。

そんな想いで開く、
入門、体験講座です。
なぜなら、
私と心書との出会いが、
そうだったから。

3年前の2013年夏。
師匠、岸本亜泉の心書講座に出会いました。IMG_7466

オンラインという形にもかかわらず、
私はあっという間に虜になりました。

心書と自分が切り離せなくなった、
一番の理由は、
私自身に起こった、
内面の変化です。

目に見える形としては、
現れていない。

家族や友達にも、
決して、分からない。

だけど、
自分にだけ分かる。

微妙な、
でも、
すごく大きな、
心の変化。

昨日と今日、
さっきと今とでは、

確実に、
心の中の何かが違う。

小さいけれど、
根が深い深い
心の芽は、
  
  
長い間、
自分が模索し続けた、
  
  
愛情だったり、DNM_B006_seikai_w_Final_800_72ppi
情熱だったり、
  
   
時には、
悲しみだったり、
怒りだったりする。

想いの種類が、
どんなものでも
構わない。

心の底から溢れ出るその想いが、
本当に、
真実ならば。

その想いに出会った時、
そして、
筆を通して表した時は、
まさに、
清々しい!

想いが嘘か真かは、
自分だけが分かっている。
そして、
それは如実に、
『書』に
現れる。

表した文字が、
上手いとか、
下手ではなく、
そこに、
『自分』が
『在る』か、
『ない』か。

その答えはやはり、
自分だけが知っている。

7月6日の心書講座では、
あなたの心に種まきをします。
花を咲かせるかどうかは、
あなた次第。
あなたが、あなたらしく輝く花を、
一緒に咲かせていきましょう。

あなたが、
あなたらしく生きるために、

本当の想いを見つけるために、
この講座を開きます。

その決意があれば、

私は全力を尽くして、
あなたを応援し、

全てをさらけ出して、
あなたに伝えます。
あなたとともに学べるのを、
心から楽しみにしています。

心で感じる筆文字、入門編、体験講座