【何を成すかより、
どう在るか】

何を成す
最近ひしひし感じるのは、
 
『成事より在り方』ってこと。

とかく、

『何ができる』
『何をしている』
『何を得ている』

ばかりに目を向けてきたけど、

感動するほど素晴らしい人に会った時って、

絶対的に、
その人の、
『在り方』だった。

だとすると、

『何』を追いかけるのをやめて、
どう『在る』かを極めたい。

もっともっと、
『素』のままでいい。

もっともっと、
『丸出し』でいい。

誰を目の前にしても、
どんな人の前でも、

『いつも同じ自分』、

『変わらぬ自分』、

『偽らない私』、

で、

在りたい。