鍼灸師/心書家 まちむら尚美の公式サイト

東洋医学について

  • HOME »
  • 東洋医学について

鍼は宇宙からのエネルギーを受ける羅針盤。施術師が刺す針の先に、大宇宙の源から「気」の源泉が流れ込み、患者の気を整えてくれます。施術師の知識、技量だけでなく、体調、思想、信念、意志などで治療の結果が変わるほど、鍼はエネルギーによって左右される神秘の療法です。たった一鍼で痛みが消えるほど、鍼には即効性があります。

漢方は、まさに秘伝の調合薬。樹木、草花、果物、種子、動物、昆虫、鉱石など自然界に存在する多種多様な物質が、太古からの研究者、医者たちの何千年にもよる経験と研究の末、組み合わせて作られました。漢方は効くまでに時間がかかる、効かないという人は、症状に合う漢方を見つけられなかった人。長年煩わされた不調も、症状に合う漢方を飲めば、すぐに改善します。効果は鍼よりも安定しているため、幼児や老人、病弱な方にはまず漢方をお勧めします。

お灸はもぐさを使う温熱療法。大地と太陽のエネルギーをたっぷり吸収したもぐさに火をつけると、熱と煙という形に変わったもぐさの薬効が身体にしみ込みます。もぐさが持つ天然の薬効成分が皮膚を通して経絡を刺激し、身体の芯から血流を良くし、不調を改善します。
もぐさの薬効を利用したお灸は、最高の温熱療法であり、同時に最高のリラクゼーションです。心と身体を芯からほぐしてくれます。大宇宙と大自然が生み出すハーモニー。自分が本来の自分に戻り、大地と宇宙と繋がる瞬間。この感動をよりたくさんの人にも味わって欲しいのです。

PAGETOP
Copyright © まちむら尚美 鍼灸師 心書家 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.