【私の心に残るIntegrated Healing
(日本語訳:インテグレイティド・ヒーリング) の経験】
私がIntegrated Healingに出会ったのは、2016年。

Los Angelesでの講習会に初めて出た時でした。

その時にはまだ、
自分がセッションを受けたこともなければ、
Integrated Healing(IH/アイエイチ)がどんなものか、
よく分かっていませんでした。
ただ、人づてに、
Integrated Healing(IH/アイエイチ)とは、

”潜在意識にアクセスすることで、
問題の本当の原因が分かるメソッド”
だと聞いていました。
当時の私は、
鍼灸師としてカラダの治療に専念しながらも、

”痛みの原因は、
カラダだけでなく、
他にもあるのではないか。”
というジレンマを抱えていました。
治療の突破口を見つけたくて、
講習を受けることにしたのです。
4日間の講習中の3日目、
予想もしてなかった出来事が起こりました。
”インナーチャイルド”というテーマで、
講習生同士、セッションをしていた時のこと。
私の筋反射をとっていた
パートナーが言いました。
(尚美さんのインナーチャイルドは、
お父さんとの出来事で
傷ついているみたいだね。)
そのことがとても意外でした。
私は子供の頃からずっと、
父が大好きだったからです。
(父とのことで確執になっていること?
何かなあ?)
と思いながら、
セッションに身を委ねました。
次に、パートナーが
教科書を指差して言いました。
『このページにある、これね。
尚美さんのインナーチャイルドが
お父さんから、
聞きたかったけど
聞けなかった言葉だって。
心当たりある?』
”I am sorry I didn’t make more time for you.”
(もっと時間をつくってあげられなくて、ごめんね。)
そのメッセージを見た瞬間、
涙が溢れました。
まるで、
亡くなった父が耳元で、
ささいてくれたようでした。
胸のずっと奥の方から、
温かいものがこみ上げたと同時に、
すごくホッとしたのを覚えています。
嬉しいんだか、
悲しいんだか、
よく分からないけれど、
ココロの何処かで、
(分かってくれてありがとう〜)
って叫ぶ自分がいました。
その瞬間、
ある出来事を思い出したのです。
それは、
私がまだ5歳くらいだった時。
珍しく父が家にいて、
母がでかけた日がありました。
出かける母は、
罪悪感があったのか、
『お父さんが一緒に遊んでくれるからね』
と言い残して、出かけました。
その言葉を真に受けた私は、
(お父さんあそぼー)
と、無邪気にまとわりついたのです。
ところが、
父は一緒に遊ぶどころか
私を怒鳴つけました!
びっくり仰天した私は、
大泣きし、
ところが泣きじゃくる私を、
父は更に叱りつけ、
ぷいっと
どこかに行ってしまったのです。
私はとことんがっかりし、
ふてくされ、
母が帰ってくるまで
押し入れにこもっていたのを
覚えています。
それ以来、
”一緒に遊ぶ”ということを、
父に対して、これっぽっちも
期待しない自分がいました。
今思えば、
珍しく平日から家にいた父は、
おそらく、
体調が悪かったのかもしれません。
けれど、
子供の私には、
そんなささいな出来事が、
”インナーチャイルドのトラウマ”
になったのだなと、
Integrated Healing(IH/アイエイチ)の
セッションで、初めて気が付いたのです。
ーーーーーーーーーーーーーーー
高度経済成長時代を駆け抜けた父は、
確かにいつも忙しい人でした。
父と言えば、
家にいないのが当たり前!
珍しく家にいても、
好きなテレビをみて
好きなゴルフをして、
自分の好きなことを
優先する人でした。
破天荒で、
時にわがままで、
でも、
自分の好きなことを
無我夢中に追いかける
子供のような父が、
大好きでした。
そんな父は、
私が鍼灸学校を卒業する直前に、
白血病で亡くなりました。
病院に運ばれた時、
母から連絡をうけ、
慌てて飛行機を予約し、
翌朝、LAを経ちました。
亡くなったことを知らないまま、
自宅に着いたとき、
玄関先に沢山の人の靴と、
奥の和室に横たわる白い布が見えた瞬間、
最愛の父が亡くなったことを知ったのです。
死に目に間に合わなかったおかげで、
私は今でも、
父が亡くなったような気がしません。
むしろ、
いつもそばで見守っていてくれるような、
そんな気がするのです。
今回、

Kiyoko Ando

ちゃんから、

Integrated Healing(インテグレイティド・ヒーリング)の
バトンを受け取ったことで、
改めて父のことを思い出すご縁をいただき、
心から感謝してます。
==================================
そして、Integrated Healingのバトンを、
2016年に一緒に講習を受けたYuko Udagawaと、
去年講習をうけて、急成長中の Karan Jonesにつなぎます。